宮崎市中心部を散策(その2)|東の方へ(県防災庁舎~イオンモール~一ッ葉稲荷神社~アミュプラザ)

散策
「アミュそら」から南の方向を望む。

前回の、「長距離徘徊」…..

 

じゃなくて、「長距離散策(ウオーキング)」からはや1か月。

宮崎市中心部を散策|久しぶりに歩いてみたら色々と発見があった!!
コロナだのなんだの色々あって、この半年くらい、大好きな「徘徊」..... いやいや、「散策」から遠ざかっていた。  ちなみに、「散歩」とは歩くことを目的としてぶらぶらすること、 「散策」とは景色などを目的として、歩き回ること...

 

前回は、市内中心部をぐるりと回るコースだったが、昨日は東の方向に足を運んで見ることにした。

…..と言っても、ボクの場合、どこをどう通って行くと言った計画的なコースではなく、だいたいの方向を決めて、あとは足の向くまま気の向くまま進むだけである。

 

さてさて、ボクの好きな風景たちに変わりはないかな♪♪♪

 

今日の散策(ウオーキング)コース

昨日の散策コースを地図で辿ってみると、以下の様になる。宮崎市中心部を東→西→東と往復した感じだ。

以下は、今回の歩数、距離、消費カロリー等だ。23kmほど歩いた様だが、晴天でほとんど無風だったので、快適だった(疲れもほとんどない)。ところどころにエキサイティングなポイントもあり、非常に楽しかった。

写真を見ながら、コースを振り返ってみる

以下、途中途中で写した写真を見ながら、コースを振り返ってみよう。

高松橋付近から県庁方面へ

高松橋は、家から出て1㎞くらい。さあ出発だ♪♪

橋から眺めは最高だ!!朝の空気が美味しい。

橋を渡ったら、堤防沿いを宮崎市役所の方面に進む。

宮崎市役所に到着。向こうに橘橋が見える。

橘橋の袂に碑があった。今の橋は6台目(昭和54年6月)。初代の橘橋は、明治13年に医師、福島邦成により架けられたらしい。以来、橘橋は4回架け替えられ、現在は昭和54年に完成した6代目橘橋が宮崎市のシンボルとなっている。右は長塚節の歌碑。大正3年8月29日、大淀川の橋の上から霧島を眺めながら歌ったと言う。

1時間で宮崎県防災庁舎に到着(11時)。おー、なかなかの景観だ!!

宮崎県産スギCLT(Cross Laminatd Timber)の壁が見える。コレ、1枚で水平力の30%(1100kN)を負担する様に設計されているのだ(特に、地震があったときに力を発揮する)。

イオンモール ~ 一ッ葉稲荷神社へ

宮崎地方法務局(左手)の横を通って東へ。

日豊本線のガード下をくぐって左に曲がる。

突き当りを右に行くと、宮崎学園に着いた。

宮崎市中央公園を東方向に通り抜ける。

吉村八幡神社を右に行く。

しばらくどこ歩いてるか分からない状態が続き、気が付いたら山崎街道(イオンモールに繋がる道)に出てきた。左に曲がってひたすら進む。

イオンモールに到着(12時1分)。家を出てから2時間だ。

今日は土曜日なのに、お客さんが少ないような。

イオンモール東側の小川のほとりでランチ。500Kcalもあるけど、まあいいや。

一ッ葉稲荷神社に来てみた。

松の葉が1本しかない(普通は葉が2本)一葉の松が境内の随所に現存しており、探してみると、運が良ければ枝の中に一葉の松葉が見つかる。見つけると縁起が良いと言われている(一ッ葉稲荷神社HPより)。

この裏側は、一ッ葉有料道路を隔てて宮崎臨海公園だ。

……さて、ここから折り返そう!!

宮崎駅 ~オープンしたてのAMUPULAZAへ

一ッ葉稲荷神社の前には「森の詩季」があった。ココのコーヒーはすごく美味しいらしい。

さあ、今度は西の方へ。

右手に宮崎市郡医師会病院が見える。

檍中を左に曲がり、檍小を通って…..

車を避けながらくねくね歩いていくと…..

宮崎駅に繋がる建設中の大きな道路に出てきた。

宮崎市立総合体育館入り口を通り過ぎてしばらく歩くと……。

JR宮崎駅東口に到着。

JR宮崎駅西口に出て左を見ると…..。

AMUPULAZA 「うみ館」だ。

AMUPULAZA内を散策

10月の散策で通りがかったときはまだオープン前だった。折角だから入ってみよう。

うみ館(駅に近い方)

何かワクワクするぞ。

ココからはいる。

売り場の様子。やっぱりオシャレな雰囲気で、客層はかなり若い様だ。

5階にはシネマコンプレックスがある。

「アミュそら」と交通神社に行ってみる。

屋上に建立されている交通神社で参拝。156段は結構きつかった。

「アミュそら」から東の方には日向灘も見える。絶景だ。

こんな感じで、絶景を見ながらくつろげるようになっている。

「アミュにわ」だ。せせらぎがとても癒しになる。

やま館(駅から離れた方)

錦通りを渡り、あみーろーど(広島通り)に入ったところで右を見たら、「やま館」があった(この時初めてやま館の存在を知った)。ちょっと入ってみよう。

なんだか混雑しているような…..。

ココには100円ショップや…..

本屋さん。そして…..。

1回には食料品売り場もあり、何とも充実している。この辺、地価上がっただろうなあ。

帰路へ

AMUPLAZAを十分に堪能したので、帰路に着こう。さすがに疲れた(人ごみに…..)。

あみーろーど(広島通り)を西に進む。

一番街、高松通りをひたすら西に進んで高松橋に向かう。

高松橋南詰に到着。ここから我が家まで約1キロだ。

お疲れ様でした、…..と自分に言ってみる。

おわりに

今回も、実に楽しい「長距離散策(ウオーキング)」だった。

トータル6時間も歩いたが、全然飽きることなく道路わきの草花、子供たちの遊ぶ声、鳥たちの囀り、小川のせせらぎ、路地裏の風景等々、色々な光景に心が安らいだ。

散歩には瞑想効果があるらしいが、コレ本当だと思う。マインドフルネスウオーキング(歩行瞑想)と言い、歩いている時に「足を感じるだけで瞑想の世界に入る」ことが出来るらしいが、ボクも歩きながら何度かそういう境地に入れた様な気がする。

 

あるいは「ウオーキングハイ」かも?

…..と冗談のつもりで調べてみたら、コレ、本当にあった。

ランナーズハイはご存知かと思うが、(high)というのは一種のユーフォリア(陶酔状態)のことで、身体と脳が走っていることに慣れてしまった状態だ。これはマラソンだけでなく、ウォーキングにもある。ウォーキングをしたことのある人ならわかると思うが,後半にやたらと調子が出て、歩けて歩けて仕方がない日がある。これが「ウオーキングハイ」だ。(歩き度.comより)

 

 

……ということで、また機会があれば、他のコースも紹介したい。

 

 

おわり

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました