ワークマンの厚底シューズ「アスレシューズハイバウンス」(1,900円)体験記|コスパ最強かも?

雑記

何度かこのブログでも触れているように、ボクは、長距離徘徊……じゃなくて、ウォーキングが大好きである(以下の記事参照)。

宮崎市中心部を散策(その2)|東の方へ(県防災庁舎~イオンモール~一ッ葉稲荷神社~アミュプラザ)
前回の、「長距離徘徊」..... じゃなくて、「長距離散策(ウオーキング)」からはや1か月。 前回は、市内中心部をぐるりと回るコースだったが、昨日は東の方向に足を運んで見ることにした。 .....と...

 

実は、2年ほど前から愛用していたティゴラのダイヤル式シューズがどうやら販売終了になった様で、どうしたものか困っていた(1足買い置きがあったが、いつまで待っても市場に出てこない)。

ボクの足は特殊、と言うか「外反母趾」なので、柔らくて通常よりも幅広でないとダメなのだ。

外反母趾とは足指の変形のことで、母趾ぼし(足の親指)の付け根の関節が第二趾のほうに“くの字”に曲がったものを言う(Medikal Noteより)。

 

今年になって、ネット情報を中心に良さそうなシューズを探していたのだが、とうとう見つけた。

ワークマンの厚底シューズ「アスレシューズハイバウンス」だ。

なんと、1,900円と驚異的な安さだが、ネットで情報をみるとなかなか評判がイイ。

お笑いタレントでマラソンランナーの森脇健児も、自身のYouTube「森脇チャンネル」で紹介しており、なかなかよさそうだった。

 

…..まあ安いし、合わなくても後悔するほどの価格でもないので、試しに買ってみた。

 

履いてみると、ナント、自分にピッタリ!!

 

…..と言うことで、今回は、「アスレシューズハイバウンス」の履き心地などを中心に綴ってみたい。少し幅広のウォーキング(ジョギング)シューズをお探しの方は、よければ参考にして欲しい。

お名前.com

「アスレシューズハイバウンス」のあらまし

先ずは、このシューズのあらましを…….(※「WORKMAN」のHP より抜粋)。

特徴は?

アスレシューズハイバウンス」は、分子レベルから開発したワークマンオリジナル「BounceTECH」(バウンステック)を搭載した高反発ソールが特徴の厚底スニーカーで、高いクッション性と、片足240グラム(26cm)の軽量性を両立させている。色は、以下の4種類だ。

 

アッパーには近年スポーツシューズの主流となっているニット素材を採用し、高い通気性を確保している。

 

アウトソールに全面ラバーを使用しており、滑りにくい仕様になっている

購入方法は?

購入方法はいろいろあるが、WORKMANオンラインストアで購入する方法がベストだと思う。その理由は、希望サイズ、色のシューズを見つけやすいのもあるが、確実に適正価格(税込み1,900円)で購入できるのが大きい(人気商品のため、他では倍以上の価格で売られていることも…..)。

また、WORKMANオンラインストア

 

ライトグレー」と「レッドダリア」を購入した。いずれもカッコいい。

 

税込み1,900円の証拠だ。

 

体験レポート

以下、思いつくままに感想を書いてみる。

分厚い踵から凄い反発力で上にサポートしてくれるので、とても歩きやすく、膝への優しさを感じさせる。「ライトグレー」は、ヒールの黒、ソールの黄色、アッパーの白の配色がかっこイイ。目立つので、安全面の配慮も感じさせる。

 

こちらは「レッドダリア」、ヒールの黒、ソールの白、アッパーの赤の配色がバランスよく、こちらもかっこイイ。
ソールやヒールのホールド具合も非常に良い。全体に幅が広いので、当初は若干足が靴の中で動くかもと思ったが、全然そんなことはなく、「外反母趾」のボクにもインソールは不要だった。

 

タン(足の甲に当たる舌のような布)が一体化しているので、脱ぎ履きしやすいし、履いた際に中に入る事こともない(これ、何気に素晴らしい)。また、足首部分が伸縮性のあるゴムになっているのも、歩行時の安定感を高めてくれる。

 

履き心地良好。特にフィット感が抜群に良い。

 

以下、1か月間履いた感想をまとめる。

  1. 軽いので、長時間履いていても疲れないし、痛くもならない。仕事、ウォーキング、ジョッギングのいずれにも合う
  2. アウトソールが全面ラバーのためか、大雨の日もスリップしない
  3. 歩くだけでクッションを感じる。走ればピョンピョン飛び跳ねるような感覚で心地よい
  4. ベロが一体化されてるので、脱ぎ履きしやすい
  5. 足首部分が伸縮性のあるゴムになっているので安定感が高い

 

…..と言うことで、今のところ全くと言っていいほど不満はないが、1点だけ注意を…..

アスレシューズ ハイバウンス」は、普通のランニングシューズと違い、靴ひもを締める部分の位置がやや低い。コレ、気になる人は気になるかも(ボクはあんまり気にならないが…..)。

このような方のために、ホールド感を強める靴ひもの結び方が提案されていた。タン(足の甲に当たる舌のような布)に付いているヒダ(つまみ)の部分の輪っかに靴ひもを通せば、より上の部分で足を固定できるらしい。

詳しく知りたい方は、以下を参照されたい。

「ポップラインのランニング魂!!. さん」のYouTubeチャンネル

新作も出ているが…..

実は、この商品には新作のアスレシューズ ハイバウンス ドリブンソールが出ている。

当初はこれにしようかと思い、お店で履いてみたが、新作の方はやや窮屈に感じた。全体の伸縮性もやや劣る様で、ボクには「アスレシューズハイバウンス」の方が合うと感じた。

気になる方は、「アスレシューズハイバウンス」とアスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール両者を履き比べてから決めることをお勧めする(いずれも人気商品なので、お店で履き比べるには至難の業かも知れないが…..)。

お名前.com

おわりに

以上、今回は、ワークマンの厚底シューズ「アスレシューズハイバウンス」の感想を中心に綴ってみた。

このシューズは足先が幅広な上に伸縮性も良いので、「外反母趾」のボクでも凄く履き心地がが良く、長距離でも全く痛くならない。

最近流行の厚底シューズとしては、コスパ最強かも知れない。

 

…..正直言って、これが1,900円で買えるなんて信じられない(ワークマンの回し者ではありません)。

 

おわり

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました